明日は初七日2008年04月18日 11時00分

変な夢を見た。朝の二度寝、10時頃。
なにぶん夢なもので、毎度のことながら意味不明。

 体一つ分ぐらいの狭い狭いS字路を抜けると、そこは巨大な便所でした。温泉地の大浴場がそのまま便所になったような不思議スペースで一悶着。何があったかは覚えてない。上の方で何かをしでかして、その失敗の影響は階下で雨漏りのような漏水という形で発生。

 船、大きな船だったがデザインが幼稚。園児が描く船をひたすらリアルにしたような不格好さがあったがそんなの俺は気にしない。

 ビルの上からターザンごっこかスパイダーマンごっこか知らんがおそらく広告用の布にしがみついてブラブラしてた。そのときの俺は世界一だったらしい。


 何らかの専用掃除用具として開発されたコロコロの様な掃除道具を購入した件か使用した件かについてか、家族全員に怒られる。自分は自分の行動が状況に対して適切であると判断しており、何で怒られていたかは思い出せないが、とにかくその状況が理不尽に感じられた。その理不尽さを感じさせる原因が珍しく親父で、今回の口論相手でもある。

 親父になんか怒られてたが、自分は自分の正当性を主張するばっかりだった。まぁ、いつもの通りに、怒られてるトコとこっちが主張する正当性のポイントは見事にずれていたと思う。状況の改善よりも先に、少しでも自分の悪くないところをわかってほしい、と思っているってことなんだろか。普段通りガキのまんま、いや、より幼稚に戯画化されていたようにも思える。

 うちの親父は馬鹿馬鹿しい言い訳まで聞いてくれる人だった。やらかしたコトによっては聞く耳持たなかった記憶はあるが、まぁ、俺が覚えていないだけでそういうパターンの時は誰がどう見てもそういう行動を採る場合だったろう。夢に出てきた親父も、そうだった。現実でも夢の中でも苦労かけっぱなしだったな。

 いくら口やら感情やらで反省したところで、さっぱり改善も進歩も無い俺を笑いに来たってんなら、少々癪だがまぁいいや。やっぱそこで悲しまれてたらイヤかなぁ。俺が必死になって自己弁護にひた走る時の、親父の表情が思い出せません。所詮は夢か・・・
 そのときの親父は苦笑していたと思いたい。

 一通り言い訳し終わった自分はおいおいと泣いていた。いや、言い訳始める前から泣いていたか。そして夢が覚めても泣いていた。もっとも、夢が覚めてからは別の理由で泣いてた訳だが。

抱き枕を怖いと思った瞬間2008年01月26日 23時00分

 内容の詳しいところはすっかり忘却してしまったモノの、お昼寝してたら見事な金縛りに遭いました。G's Festivalのクドリャフカさん抱き枕抱いて寝てたんですが、突如実体化して襲われたんです。性的な意味じゃなく。ええ、とても怖かったデス。なんか見た目が名探偵コナンの解明前の犯人みたいなのだったし。
 んでそんな夢見て目が覚めたのに、そのまま二度寝してしまう自分もずいぶんとアレですなぁと思いながらエントリを書いている現在、いきなり襲われて抱きつかれるのがどんな風に怖いのかがよく分かりました。これはちゃんと優しく扱え。突然強引に抱きつくなという抱き枕からのめっせぇじなのでしょうか。抱いて良いか枕に聞いてから抱くとか、まさにピロートークですね。

 ・・・そこ、末期とか言わないでください。

生きている意味2007年03月02日 22時00分

 某所で議題に上がってた。普段は人の言葉を借りてばっかりだし、しょっぱい思いつきでもつらつらと書こうじゃないか。

 生きている意味、まぁ、無いだろうね。でも近い将来に生きていて良かったと思える出来事があるなら、今生きている事にも意味が生まれるんじゃないっかな。
 つまるところ、今ここで生きている意味なんてのをグダグダ考えていても答えは絶対見つからない。意味があるとすればそれは常に将来にあって、現在には無いからだ。生きている意味を将来に据えると、それは展望や夢などの形になって分かりやすい。

 だが、生きている価値を現在に限定してしまうと、今生んでいる価値はとは今生きていることの価値の思考中そのものであるため、
「生きていくことの意味を考え続けることが生きていく事の意味だ」
だとかいった循環参照に陥ったり、
「生きていくことの意味なんて無い」
だとかいった、思考停止に陥ったり。
なんかミュンヒハウゼンのトリレンマを思い起こすなぁ。まぁ、おいら自身は上に書いたような希望的観測で打ち切る詭弁の一種でしか無いし、真剣に現在の価値を探す彼らを笑うことは出来そうにないな。とりあえずおいらがいくら考えたところでイノベーションは起きそうにないからもう寝ることにするよ。

          __,,,,,,___
        (⌒ヽ:::::::::::'''''-,,
      <´・\  :::::::::::::::::ヽ
       l 3 ハ:::::::::::::::::::ヽ,
      .<、・_ (         )
     (⌒ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

追記・・・
 髪を切る夢、というかへんな坊主にする夢を見た。帽子かぶったらちぢれ毛になっちゃうみたいな。
 身内や友人に良くないことがあるかもっていう予測として見れるらしい。まさかまこぴー(男)に送ったPHSとエロ漫画がトラブル起こすんではあるまいな・・・ メールでも打っておくか。

火事起こす夢。2007年02月20日 08時50分

 台所から出火する夢は財産を失う夢と聞きましたが、朝っぱらから財産と言っていいのかよくないのかよく分からないしょぼい失敗が。

・たまごかけごはんを作ろうと思ったらたまご腐ってた。さようならごはん&たまご。
・カップ焼きそば UFO キムチ&クリーミーチーズを食おうとしたらカップごとシンクに墜落。さようならUFO。

 うん。確かに財産というにはちょっとしょっぱいけど失ってるね。続けざまにならないように注意しないと。

気味悪いったら無いお。2007年01月08日 08時00分

 ものっそい不気味な夢を見たので報告。悪夢は晒すべきモノなのかもだ。
概要は殆ど忘れたが、とりあえず佐野史郎とうちの兄貴が惨殺されているというワケワカなシチュエーションで、佐野さんとうちの兄貴は同時に登場しているわけではなく、佐野さんがやられた後にうちの兄貴が登場する。脈絡は無い。佐野さんは肩口から腸が飛び出していたし、兄貴はなんだか死にかけてるし、傍観する俺はいたってわけが分からん。

 どちらも死の瞬間は見ないままになっている。佐野さんおそらく手遅れ。なんか執行者にモツを引きずり出されてワーワー騒いでいる。怖え。んでもおいらは手を出さずにそのシーンは終了。
 んで、兄貴の方は執行者というのだろうか、に足を切断されそうになっていた。シャッターのように降りてくる壁に体ごとタテに挟まれる感じで。シャッターの停止、上昇のボタンを押したは良いが、その後兄貴をほったらかしで逃げる俺。そこで夢おしまい。

 執行者は、誰なんだろう。とりあえず佐野さんの方は役者か? 兄貴の方はカーチャンだった気がする。なんていうか、佐野さんの方は分からん。なんていうか、世にも奇妙な物語に出てくるような安っぽいVFXと演出だった。場所は見覚えのないダイニング。配置が父方の実家に似ていたかも。

 とりあえず良い前兆には思えないし、単純に恐怖を感じた。夢を見ているまっ最中でも怖かった。
 この夢が願望の類と解釈するにしても、最後の最後で自分自身が解決を望む行動、壁を上げるアクションを行っている。十分ではないが、その場で思いついた出来る限りの解決はやっていたわけだ。
 とりあえず事故やら怪我やらセキュリティやらには気をつけておきたい一日かと。大変迷惑な話ではあるが、この一件は兄ちゃんにも話しておこうかしらと思う。電話してみたけど起きてなかったさ。