ATOKで拗音がちゃんと変換されない不具合について2009年10月07日 14時30分

参考画像ー
 
 by亜

 ↑なにこれ? と思った方はATOKを使ったことが無いか、ATOK使っててその特有の不具合にぶち当たったことが無い幸せな方かのどちらかだろう。

 ATOKには、スペースキーを押して仮名漢字変換を実行する際に、ローマ字綴りの拗音の、カナの一部が学習単語によって文章の一部が英字に置き換わる際、余って浮いた母音が浮きっぱなしになって拗音が英字からカナに戻らなくなるという不具合がある。カナ漢字の一部が英語に化けて元に戻らない、とも言えるか。
 自分がこの不具合に気付いたのはATOK16辺りだったと思うが、2chではATOK14で再現してる人が居る模様。この調子だとATOK14、ATOK15、ATOK16、ATOK17、ATOK18(ATOK2005)、ATOK2006、ATOK2007、ATOK2008、ATOK2009まで片っ端から抱えてる不具合のご様子。

 冒頭に書いた"びゃ"の場合だが、英字化け対策をしていない状態でbyを自動学習(byと打ってF10で半角化、Enterで決定)した後にびゃ、と打って見ると、by+あ、といった具合に後に続く母音が変換時に浮いてしまい、"びゃ"に立ち戻らなくなる。

 要はゴミ学習結果を消して、今後学習しなきゃいいので、対処法は2点。新規環境では最初の項目だけでOK。

・設定の変更
 プロパティ>辞書学習タブ>詳細設定ボタン>英字後変換>"しない"に変更

・辞書ユーティリティで以下の単語がある場合、括弧内の語の入力に悪影響があるので削除する。

by (びゃ、びゅ、びょ)
ch (ちゃ、ちゅ、ちょ)
cy (ちゃ、ちゅ、ちょ)
dy (ぢゃ、ぢゅ、ぢょ)
gw (ぐぁ[ぐゎ])
gy (ぎゃ、ぎゅ、ぎょ)
hy (ひゃ、ひゅ、ひょ)
jy (じゃ、じゅ、じょ)
kw (くぁ [くゎ])
ky (きゃ、きゅ、きょ)
my (みゃ、みゅ、みょ)
ny (にゃ、にゅ、にょ)
py (ぴゃ、ぴゅ、ぴょ)
ry (りゃ、りゅ、りょ)
sh (しゃ、しゅ、しょ)
sy (しゃ、しゅ、しょ)
ty (ちゃ、ちゅ、ちょ)
zy (じゃ、じゅ、じょ)


 最近はサポート窓口も素人お断り状態で、電話窓口はいつでも通話中。苦情の一つも言えないから困ったもんだ。しかもATOK2008辺りから、どう考えても長音(ー)であるべき所をハイフン(-)に変換しやがるようなウルトラ糞化してやがりますし。
 プロパティの入力支援にある、”長音・句読点の自動置換”を弄る事でマシにはなるし、2009で多少改善されたが、まだまだ発現しちゃいます。辞書をいっぺん捨てないとダメかねコリャ。

 そういや、昔にゃにゅにょでコレが起きたときに2chに報告したが、そんときは字面(ny)から"つこうた"扱いされてへこんだ。まぁ、Justsystemに言った甲斐あったか、ATOK2007以降、にゃにゅにょでは再現しないんだよな。半端に治った感じで歯が痒い。ギギギ。ATOK2010ではちゃんと直してくださいたのんます


2009/10/7 19:10追記
2009/10/7 21:45全面改定。

JustSystems ATOK総合スレ Part49の>>97さんに感謝。
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/software/1253846298/

Windows Vistaにて、ファイルの名前を変えた途端ファイルがどこぞへ飛んでいく件について2009年10月29日 09時25分

ファイルが追加された事による自動フォルダタイプの動作により自動整列が悪さをしている為、自動フォルダタイプを切ればいい。

原因の参考
http://social.answers.microsoft.com/Forums/ja-JP/vistafilesja/thread/e62a0e35-25de-4747-94d7-5b98d3bdd839

修正方法の参考
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1022foldertype/foldertype.html

この修正に便利なツール、いじくるつーる
http://www.yoshibaworks.com/ayacy/inasoft/rnsf7.html

随分前に窓の手消えたよなぁ・・・