PCのMIDIを只でグレードアップ2008年01月11日 21時08分

YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer
英語サイトでWindowsUpdateカタログ→ハードウェアデバイスのドライバ→サウンドを辿るとあったようだ。

4MB版 V2.0

2MB版 V2.0

共に、Windows 2000/XP用。
インストール方法は、コントロールパネルから、ハードウェアの追加を選択肢、ダウンロードしたCAB圧縮ファイル内に格納されていたINFファイルを読み込ませる。XPSP2の場合、選択肢がメチャクチャ。
・既にこのハードウェアをコンピュータに接続していますか?>はいを選択して次に。
・インストールされているハードウェアの一覧の一番下、新しいハードウェア デバイスの追加を選択して次に
・インストール方法を選ぶ。一覧から選択したハードウェアをインストールするを選択して次に
・サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラを選んで次に。
・右下のディスクを使用をクリックしてダウンロードしたファイルを解凍したフォルダを参照して次に。

これでインストールが完了。なお、アンインストール出来ないので注意。

機能を有効にするために、コントロールパネルのサウンドとオーディオ デバイスを開いてオーディオタブ最下段にあるMIDI 音楽の再生から、YAMAHA XG WDM SoftSynthesizerを選択。

設定はレジストリエディタで行う。レジストリの場所は、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\Class\{4D36E96C-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}
配下にある4桁数字のものから、YAMAHA XG WDM SoftSynthesizerを探し、その下のsxgsetupに設定項がある。

最大同時発音数       poly    24,28,32,48,64,96,128から選択
ウェーブテーブルのサイズ  waveset  0なら2MB、1なら4MB(4MB版アーカイブのみ)
最大CPU使用率       cpuload  %単位、40,50,60,70,80,90から選択
リバーブ            reverb   0で無効、1で有効
コーラス            chorus   0で無効、1で有効
バリエーション         variation 0で無効、1で有効
サンプルレート        fs      0で11kHz、1で22kHz、2で44kHz


YMF-7X4シリーズ友の会 Part7より、
テンプルナイツ 宮殿騎士団がコピペしたものをさらに改変。
MuseWikiにあった情報を書き加えたモノです。